節税対策では法人名義が得

ビジネスでの節税対策

bing

最近の金融関係の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 節税対策では法人名義が得

新着情報

節税対策をいかに行なうか

節税対策としてはたくさんありますが何かビジネスをしている場合には個人名義よりも法人としたほうがたくさんの対策をとることができます。税金の問題についてはとても複雑で税法は毎年変わりますので専門化に相談するというのもとても有効なことといえます。税金は、人は常に関わりを持つ事となりますので常に勉強していくという姿勢も大切です。税金の節税対策をどうかるかで資産の形成は大きく変化していくこととなります。税金というのは社会を構成する要素としてとても重要なものです。それについてよく知ることはとても大切なのです。

個人有利な少額証券投資優遇制度

少額証券投資優遇制度が始まっています。この制度を活用すると、年間で100万円までの証券購入に対して非課税措置が取られるようになります。通常の証券課税では株式の譲渡益や配当に20%の課税が掛かってきますが、少額証券投資優遇制度を用いると課税がゼロになってきます。そのため、個人であれば、優遇制度を使わない手はないです。しかし、この制度の年間100万円までの非課税枠は一度、株式を売却してしまうと回復ができない特徴があります。したがって、優遇制度を活用する場合には、長期の株式保有を心掛けたいところです。