資産運用のために不動産を

資産運用のリスク

bing

最近の金融関係の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 資産運用のために不動産を

新着情報

初心者の資産運用方法

日本ではデフレからインフレへ経済が転換するさざしが出ています。そのため、預貯金以外の資産運用が重要になっています。これまで資産運用をしてこなかった初心者でも、少しづつ金融商品を購入していくことでリスクを抑えることは可能です。金融商品には株式や債券などがありますが、初心者は多くの金融商品に分散投資をすることをオススメします。分散投資を実現する方法としては、投資信託を活用することも選択肢の一つとなります。投資信託は、株式型ならば多くの企業に対して投資を行うために自動的に分散投資を行うことになるからです。

公的年金と私設年金について

現在の年金制度とは、現在の高齢者を養う制度となっております。高齢化社会となり、働く世代が減ってきている現在だと、少ない人数で、一人の高齢者を養うことになってしまうため、保険料を上げないと今の制度では維持することができなくなってしまいます。私設年金は公的な機関に頼らずに、自分でつくる年金のことです。公的年金だけでは高齢化社会の上で生活することは難しくなります。年金受給年齢の開始が現在から更に引き上げられる可能性もあり、ゆとりある老後を補うためには私設年金を利用することが大切です。